• cocoromi

    不妊治療AI検索サービス

    ふと浮かぶギモンを一人で打ち消してしまわないで。

    cocoromiはあなたの妊活をAIでサポートします。

     

    ※モバイル端末での利用を推奨

  • 不妊治療患者オンライン座談会実施中!

    不妊治療にまつわる様々なテーマをもとに少人数制で開催しています

  • 不妊治療のギモン

    デリケートなだけに人に話しづらく、孤独感を抱きがちな不妊治療

    治療にかかるお金と時間

    実際には妊娠までいくらかかる?

    期間はどれくらい?

     

     

    妊娠まで回り道したくない

    自分の治療はスタンダードなの?

    自分に合った治療方法って?

     

     

    パートナーとの向き合い方

    いつも感情的になってしまうけど、

    もっと上手く話し合うには?

     

     

  •  
    cocoromiの特徴

    cocoromiは、体外受精で妊娠した先輩ママたちのデータエビデンスに基づく治療検索サービスです

    2020年9月パーソナルデータ閲覧機能が追加リリース!

  • みんなの治療

    みんなはどんな治療をしているの?

    治療ストーリーを参考に自分の治療計画も立ててみよう!

    治療ストーリーマップ

    治療の費用やキモチをグラフ化

    患者SNSトークルーム

    情報をシェアし合って皆で乗り越えよう

    ※10月オープン予定

  • 医療監修

    医師 齊藤英和 先生

    栄賢会 梅ヶ丘産婦人科 ARTセンター長

    医療法人 浅田レディースクリニック 顧問
    近畿大学先端技術総合研究所・客員教授
    昭和大学医学部・客員教授
    日本受精着床学会・理事
    一般社団法人日本卵子学会・理事
    公益財団法人1more Baby応援団 理事

    「不妊の治療をこれから受けようと思われている方や、すでに受けておられる方は、いろいろ情報を知って、より良い治療を受けたいと思われていると思います。是非、本サイトにある、いろいろな情報を活用して、ご自分にあった、またはご自分が意とした治療が選択できることを願っています。また、ご自分の経験も是非登録していただき、皆さんで、より良い情報源となるよう、ご協力いただけると幸いです。」

     胚培養士 川口優太郎 先生

    埼玉医科大学を卒業後、総合病院勤務を経て国際基督教大学(ICU)大学院博士前期課程、アーツ・サイエンス研究科にて生命科学を専攻。その後、加藤レディースクリニック、同系列病院の中国上海永遠幸婦科医院生殖医学センター出向、病院立ち上げ、現地スタッフ育成や指導、培養室運営等を行う。生殖医療関連のセミナー講演や企業のサービスの医療監修を行うなど、精力的に活動。現在は船橋駅前レディースクリニック、培養室室長。

     

    「不妊治療、特に高度生殖補助医療(体外受精)は、各病院やクリニックによって診療内容や治療方針が大きく異なります。

    結果に辿り着くためには、自身に最も適した治療を受けられるかどうかが重要です。自身の年齢、治療回数、AMHの値などの情報を正しく精査することは、これから治療を始める、あるいは転院を考える上で非常に有用なヒントになります。不妊治療に成功した方のデータを得ることが出来て、自分に合う成功率の高い方法を探るツールとして、cocoromiを活用してスマートな治療を進めていただきたいです。」

  • News

    2020/9/1   cocoromiにお薬のデータの記載されたパーソナルデータ閲覧機能が追加!

    2020/7/28  日経BPのBeyond Healthにcocoromiが紹介されました

  • @cocoromi_byvivola

  •  

     

     

     

    L 運営会社

     

    L cocoromi利用規約

     

    L プライバシーポリシー

     

    L お問い合わせ

    右記フォームよりお問い合わせください

     

    ×
    プライバシーポリシー
    
    株式会社vivola(以下「当社」といいます。)は、個人情報保護の重要性について認識し、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)を遵守すると共に、以下のプライバシーポリシー(以下 「本プライバシーポリシー」といいます。)に従い、適切な取扱い及び保護に努めます。なお、本プライバシーポリシーにおいて別段の定めがない限り、本プライバシーポリシーにおける用語の定義は、個人情報保 護法の定めに従います。 
    
    1.	個人情報の定義 
    本プライバシーポリシーにおいて、個人情報とは、個人情報保護法第2条第1項により定義される個人情報を意味するものとします。 
    
    2.	個人情報の利用目的 
    当社は、個人情報を以下の目的で利用いたします。 
    (1)  ユーザーの本人確認のため
    (2)  本サービスの運営、維持、改善、管理のため
    (3) 広告配信や掲載効果測定および新サービス開発のため
    (4)  本サービスの利用に伴うお知らせの配信、ご案内、お問い合わせのため
    (5) 個人を特定できないよう加工した情報を当社の提携先やユーザーなどの第三者へ提供するため
    (6) ユーザーの承諾やお申込みに基づいて、当社の提携先やユーザーなどの第三者へ提供するため
    (7) ユーザーの利用規約に違反する様態でのご利用を防止するため
    (8) その他上記の利用目的に付随する目的のため
    
    3.	個人情報利用目的の変更 
    当社は、個人情報の利用目的を関連性を有すると合理的に認められる範囲内において変更することがあり、変更した場合には個人情報の主体である個人(以下「本人」といいます。)に通知し又は公表します。
    
    4.	個人情報利用の制限 
    当社は、個人情報保護法その他の法令により許容される場合を除き、本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱いません。但し、次の場合はこの限りではありません。   
    (1) 法令に基づく場合  
    (2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき  
    (3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の 同意を得ることが困難であるとき  
    (4) 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき 
    
    5. 個人情報の適正な取得 
    5.1 当社は、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得しません。 
    
    5.2 当社は、次の場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ないで、要配慮個人情報(個人情報保護法第2条第 3項に定義されるものを意味します。)を取得しません。  
    (1)第4項各号のいずれかに該当する場合  
    (2)当該要配慮個人情報が、本人、国の機関、地方公共団体、個人情報保護法第 76 条第 1 項各号に掲げる者その他個人情報保護委員会規則で定める者により公開されている場合    
    (3)本人を目視し、又は撮影することにより、その外形上明らかな要配慮個人情報を取得する場合  
    (4)第7.1項但書によって第三者提供にあたらないものとされる態様にて要配慮個人情報の提供を受けるとき 
    
    5.3 当社は、第三者から個人情報の提供を受けるに際しては、個人情報保護委員会規則で定めるところにより、次に掲げる事項の確認を行います。ただし、当該個人情報の提供が第 4 項各号のいずれかに該当する場合又は第 7.1 項但書によって第三者提供にあたらないものとされる態様でなされる場合を除きます。  
    (1) 当該第三者の氏名又は名称及び住所、並びに法人の場合はその代表者(法人でない団体で代表者又は管理人の定めのあるものの場合は、その代表者又は管理人)の氏名  
    (2) 当該第三者による当該個人情報の取得の経緯 
    
    6. 個人情報の安全管理 
    当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などのリスクに対して、個人情報の安全管理が図られるよう、当社の従業員に対し、必要かつ適切な監督を行います。また、当社は、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。 
    
    
    7. 第三者提供 
    7.1 当社は、第4項各号のいずれかに該当する場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。但し、次に掲げる場合は上記に定める第三者への提供には該当しません。   
    (1) 利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部又は一部を委託することに伴って個人情報を提供する場合  
    (2) 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合  
    (3) 第8項の定めに従って共同利用する場合
     
    7.2 第7.1 項の定めにかかわらず、当社は、第4項各号のいずれかに該当する場合を除くほか、外国(個人情報保護法第24条に基づき個人情報保護委員会規則で指定される国を除きます。)にある第三者(個人情報保護法第 24 条に基づき個人情報保護委員会規則で指定される基準に適合する体制を整備している者を除きます。)に個人情報を提供する場合には、あらかじめ外国にある第三者への提供を認める旨の本人の同意を得るものとします。 
    
    7.3 当社は、個人情報を第三者に提供したときは、個人情報保護法第25条に従い、記録の作成及び保存を行います。 
    
    7.4 当社は、第三者から個人情報の提供を受ける場合には、個人情報保護法第26条に従い、必要な確認を行い、当該確認にかかる記録の作成及び保存を行うものとします。 
    
    8. 共同利用 
    当社は、以下のとおり個人情報を共同利用し、共同利用される個人情報を下記に定める利用者に提供いたします。
    (1) 共同して利用される個人情報の項目    
    (2) 共同して利用する者の範囲   
    (3) 利用する者の利用目的   
    (4) 上記個人情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称   
    
    9. 個人情報の開示 
    当社は、本人から、個人情報保護法の定めに基づき個人情報の開示を求められたときは、本人ご自身からのご請求であることを確認の上で、本人に対し、遅滞なく開示を行います(当該個人情報が存在しないときにはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が開示の義務を負わない場合は、この限りではありません。  
    
    
    10. 個人情報の訂正等 
    当社は、本人から、個人情報が真実でないという理由によって、個人情報保護法の定めに基づきその内容の訂正、追加又は削除(以下「訂正等」といいます。)を求められた場合には、本人ご自身からのご請求であることを確認の上で、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨を本人に通知します(訂正等を行わない旨の決定をしたときは、本人に対しその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が訂正等の義務を負わない場合は、この限りではありません。 
    
    11. 個人情報の利用停止等 
    当社は、本人から、本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由又は偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用の停止又は消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合、又は個人情報がご本人の同意なく第三者に提供されているという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその提供の停止(以下「提供停止」といいます。)を求められた場合において、そのご請求に理由があることが判明した場合には、本人ご自身からのご請求であることを確認の上で、遅滞なく個人情報の利用停止等又は提 供停止を行い、その旨を本人に通知します。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が利用停止等又は提供停止の義務を負わない場合は、この限りではありません。 
    
    12.  Cookie(クッキー)その他の技術の利用 
    当社サービスは、Cookie及びこれに類する技術を利用することがあります。これらの技術は、当社による当社サービスの利用状況等の把握に役立ち、サービス向上に資するものです。Cookie を無効化されたいユーザーは、ウェブブラウザの設定を変更することにより Cookieを無効化することができます。但し、Cookieを無効化すると、当社サービスの一部の機能をご利用いただけなくなる場合があります。 
    
    13. お問い合わせ 
    開示等のお申出、ご意見、ご質問、苦情のお申出その他個人情報の取扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願い致します。 
    
    〒150-0002
    東京都渋谷区渋谷3-6-2 エクラート渋谷5F
    株式会社vivola  
    E-mail :info@vivola.jp
    
    14. 継続的改善 
    当社は、個人情報の取扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本プライバシーポリシーを変更することがあります。 
    
    【2020年6月1日制定】